『桃源郷ものがたり』

日本では「桃源郷」とか「桃花源」ということばに、なんとなしに惹かれる傾向がある気がします。お近くの街のどこかにも、「桃花○○」とか「桃源○○」という名のお店があったりしませんか。

さて、『桃源郷ものがたり』は、蔡皋氏の絵がとにかくすばらしく、桃源郷はほんとにこんなところかもしれないとおもわず見入ってしまいます。

ほかに蔡氏の「絵」の本には『花仙人』があります。「文」の松居直氏は、福音館書店で永年にわたり絵本出版にたずさわってこられた方です。

この絵本は、大人の鑑賞にも耐えうる、というよりむしろ、おとなが読むにふさわしい絵本なのではないかと思います。

 リンク 特別対談 高畑勲×松居直「アニメと絵本の“食べさせ方”」


More
[PR]
# by chinchudo | 2005-08-18 22:10 | ●絵本紹介

この本はタイトルの通り、文科系の大学に在籍する学生がどのように研究をはじめていけばよいかを書いた著作です。

目次をみると、第1章 研究生活入門 にはじまり、研究テーマの選び方、読書術、論文を書く などなど、コンパクトに概説しています。

学問研究とは「かなりの部分は広い意味での 『技術』 である」と著者 東郷雄二氏は言います。まさに技術は、見聞きして自ら獲得するもの、門前小僧としては折々読み返して我が身を省みています。

兄弟本として『独学の技術』があります。

 リンク 東郷雄二氏のホームページ 
[PR]
# by chinchudo | 2005-08-16 20:41 | ●書籍紹介

『ともだちくるかな』

e0049945_20142515.jpg ストーリー
 今日はオオカミさんの誕生日です。さて、ともだちは祝ってくれるでしょうか?

「おれたち、ともだち!」シリーズは、絵にパンチが効いていて、ストーリーもすてきな絵本です。

なかでも、この『ともだちくるかな』がお気に入りです。おはなしの楽しさから言うと、ほかもいいですが、これがいちばん心にじーんときます。

その場面は・・・・・・。ぜひお手にとってみてください。
[PR]
# by chinchudo | 2005-08-15 23:28 | ●絵本紹介
je-pu-pu 無料カウンタ